ココ・アヴァン・シャネル

ココ・アヴァン・シャネル特別版 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ


なんとなく前から気になっていた、オドレイ・トトゥ版のシャネル観てみた。
誇り高く生きるって、こういうことなのか…と考えさせられました。
周りの人の価値観や既成概念、期待や愛に縛られないで生きるって、簡単なことじゃない。
何が彼女をあそこまで突き動かしたんでしょう。

そのとき近くに居る誰かの夢とか、その人からの期待に引きずり込まれると、
たいていは苦しい思いをする。
自分の夢なのではと勘違いしてしまい、自分らしくない選択を始めだして、
どんどん好きじゃない自分になる。

でも、ココもそうだけど、そうやってもがく時期も大事なんだろうな。
自分の闇と向き合って、長く苦しい日々を過ごしても、
一生懸命手を動かして、作り続けて、自分の中の輝きを大事にして生きる。
そうやって獲得していったものって、簡単に手に入れたものじゃないぶん、
たぶん揺るがないものなんだろう。
みっともない思いや焦燥感、でもそれは恥ずべきじゃなくて、成長するための大事な糧なのだな。
結局自分を救うのは自分なんだ。

仕事で成功を収めるまでの物語があまり語られなかったのが個人的には残念だけど、
そこは本を読んで知ることにする。たくさん出ているだろうし。
どうやってあそこまで成り上がったのか気になる。

私も誇り高く生きたいなぁ。
プライドを持って生きたい。

※追記
avantは英語でいうbeforeなので、シャネルがブランドを立ち上げる前、
ただの“ココ“だった頃のお話だそうです。なるほどね!
成功以降を描いたシャーリー・マクレーン版の「ココ・シャネル」もあるらしい!
via @riho_8823
   
  
[PR]
by chihosh717 | 2011-04-19 21:35 | 本・映画


<< 生パスタ(フィットチーネ)のク... さすがだなー。 >>